デジタルカメラ

体操する女性

グルコサミンはアミノ糖とよばれる物質の一つです。
主に動物の皮膚や甲殻類の殻の部分に多く含まれていることで知られ、人間の体内にもあります。
主な役割として、関節を動かすために重要な働きを持っています。
体内でも生成もされますが加齢とともに生成量は少なくなってしまい、その結果関節などを動かした後に違和感や痛みを生じてしまいます。
そこでこうした成分を含むサプリメントが健康食品メーカーで多数販売され、適切な量を服用することで関節の働きを円滑にし、同時に関節に起こる痛みを和らげるとされます。
まだ健康にどこまで役に立つのか議論は完全には解決はしていない部分はあるものの、健康の維持と美容に役立つ成分として現在では広く一般にも認知されています。

グルコサミン市場はサプリメントなどでその成分を含む健康食品が登場して以来、市場規模は伸ばし続けています。
そしてその傾向は今後も少子高齢化社会が進むと予測される国内においては伸ばし続けるだろうことが予測されています。
グルコサミンにはいくつかのタイプが分かれており、語尾に「塩酸塩」と「硝酸塩」がついているタイプや、またはアセチル基がくっついているグルコサミンなどが商品の成分表を見る目に付きます。
これらの違いとしてはグルコサミンにくっついている物質が違っています。
現在、国内において売上を伸ばしている成分はアセチル基がくっついているタイプです。
理由としては、服用したときの味が悪くなく飲みやすいことや摂取量を抑えて服用することができることなどがあります。
今後もトレンドの移り変わりは変化傾向にあり、新しく研究開発されたグルコサミンが出てくることは予測されています。

カメラやグルコサミンなどの暮らしに寄り添う商品を扱う富士フィルム © 2015 カメラやグルコサミンなどの暮らしに寄り添う商品を扱う富士フィルム | All Rights Reserved